乗り換えのため自動車税の還付をしたい時の申請方法

乗り換えのため自動車税の還付をしたい時の申請方法

自動車税の還付をどのようにしたら良いのか悩んでいる方、残った自動車税を早く還付することが出来れば乗り換えの車の諸経費に割り当てることが出来たり出来ます。まずは申請の為に陸運局に行きましょう。週末はお休みだったりするので営業時間をしっかり確認し申請に行きましょう。陸運局は地方によって異なりますが、基本的には営業月曜日から金曜日まで自動車税の還付の手続きをしています。乗り換え予定の方は乗り換え予定の車のナンバーを取得する際に同時に自動車税の還付の手続きを行っておくことをおすすめします。

 

 

 

陸運局では申請手数料も支払います

 

 

陸運局でわからないことは全て聞いてみましょう。どこの陸運局でも受付窓口があるはずなのでまずは申請の仕方と期間を確認しておくようにしましょう。陸運局では申請手数料も支払うことになります。
行政書士に委任すればスムーズで早めに還付をもし忙しくて時間がない方は委任することも可能です。

 

 

 

特に自動車税の還付などの手続きは行政書士に委任することも出来ます。行政書士事務所が陸運局の周辺に事務所を構えています。行政書士に委任すればスムーズで早めに還付をうけることが出来る様になります。車を廃車にする申請をして基本的には1ヶ月から2ヵ月位かかりますが、行政書士に依頼しておけば最短で還付通知書が届きます。中には手続きの早い陸運局もあり2週間くらいで届く事もあるようです。この辺は陸運局の事務的な手続きの混みあいによって異なります。また、還付通知書は印鑑証明書の住所に届くことになるので、住所のポストを確認しておきましょう。

 

 

期間は陸運局によって異なりますが基本的には一ヶ月前後で完了することが出来ます。還付される金額はオーナーが乗っていた車やナンバー、利用していた月によって異なりますので確認が必要です。

 

車を廃車にしたいが未納の自動車税があるときには

 

車を廃車にしたいが未納の自動車税がある方、まずは抹消手続きを行う必要があります。自動車税事務所が未納分を計算してそのまま郵送で請求書を送ってきてくれます。支払いが遅れている分にはその時点で支払う事が求められます。陸運局での支払い用紙を再発行することも出来ますので、窓口で未納分の振込用紙を再発行し支払うことで自動車税の還付を早く行うことが出来るようになりますが、この時にもし滞納がある場合は、滞納額を差し引いた金額を受け取ることになります。

 

還付金を受け取る為に必要な書類

 

還付通知書を持参して陸運局に行く様にしましょう。全ての手続きがスムーズに行え還付もスムーズです。その他に必要なものは身分証明書(免許証等)、認印、もマストです。お金の受け取りに関しては指定された金融機関で還付金を受けるようにします。
軽自動車の税金は一般車よりも安くなる
では軽自動車の税金は一般車よりもかなり安くなります。軽は経済的ですが売るときには車の査定金額も安くなる傾向があり、保険料も安く維持費がかからないのが特徴ですが、還付される還付金も大幅に少なくなるようです。もし還付金を受け取れるなら早めに申請して受け取ることをおすすめします。期間が少ないと結局受け取る金額もかなり少なくなる傾向があります。
軽自動車の還付金に関しての注意

 

軽自動車の自動車保険の還付金に関しては一般の自動車よりも税金が安くなるので、年度の後半で廃車にしても返戻金が少ないのが特徴的です。普通車と軽自動車派は払う税金の金額も異なり軽自動車のほうが安くなります。そのため軽自動車は税金が安いので、年度の途中で廃車手続きを行っても自動車税の返戻金はなしのようです。
まとめ

 

乗り換えをする時には、自動車税 の還付をしたい時の申請は陸運局で行うことになります。時間がない方は行政書士にお任せすれば1ヶ月から2ヶ月くらいで還付通知書は印鑑証明書の住所に届くことになります。軽自動車の方は支払う税金が安い分還付される金額も僅かになリますのでご確認ください。

 

 

 

廃車の総合的に手続きを判断するならこちら

 

http://xn--w8j5c935k8sjgje430cmfcwr6c.com/

 

 

 

都心部の運転の恐怖感

 

 

今の仕事に転職して、早くも3年ほど経とうとしていますが、ようやく一人でお客様を担当が許されるようになり、お客様へ訪問する機会が週に二、三度できるようになりました。

 

 

 

基本的には電車を利用して外出するのですが、どうしても遠方のお客様がいます。そう言った場合には車で移動するしかありません。

 

 

 

もともと免許も持っていたのですが、家は郊外にあるので比較的ゆったりした道を、のんびり走るのは大丈夫なのですが、仕事で車を運転する機会が今までなかったので、最近どうしても車に乗らなければならない機会が自然と増えてしまっています。

 

 

 

客先の周辺は、遠方ということもありゆったりとした道なので運転しやすいのですが、残念ながら自社の周辺は都心部なのです。

 

 

 

自転車でも少し危ないなあ、と思うくらいの人と車がひっきりなしに通る街中にあり、しかも夕方になれば必ず大渋滞になっているのです。

 

 

 

 

高速道路に乗るのも、最寄りは都市高速なので幅も狭いし、忙しく車線変更を迫られます。

 

 

 

しかも周りの車は慣れているからでしょうが、けっこう乱暴な運転をしてくるので、毎回ひやひやしながら運転しなければなりません。

 

 

できるだけあせらずに済むよう、約束の時間よりかなり早めに出発をするようにしているのですが、やはり毎回ヒヤっとする場面が数回あります。

 

 

ゆっくり走り過ぎていても逆に危険を感じるのです。しかも道は一方通行も多く、歩行者も左右から出てくるのでこちらも十分注意しなければなりません。

 

 

 

とはいっても遠方への訪問で車を使えるのは、それは大変便利なことで体もかなり楽ちんなので重宝しています。仕事なので仕方がない、使えるものは使わなければもったいない、でも最新の注意をします。そんな思いで毎回運転しています。